ラーメンけやき

「にとりのけやき」のラーメンについて

1999年11月のオープン以来、行列の絶えないみそラーメン専門店。
開業以来すすきの本店はカウンターのみ十席、
一杯一杯中華鍋で心を込めて創り上げるため、お客様をお待たせする
心苦しさはあるが、 それでも常にラーメンをすする客たちでにぎわう。
店主のテーマは「五感に訴える一品料理としてのラーメン」だ。
 店主 似鳥栄喜店主 似鳥栄喜

すべての料理は素材にこだわってこそ、その味を追求できる。もちろん一杯の味噌ラーメンも同じことである。
スープ

巨大なずんどう鍋(なべ)で取るスープは豚のゲンコツや背脂、放し飼いで育てた新潟産の鶏、数種類の野菜やシイタケなどが原料。 濁りのないスープを取るため約十時間をかけ、じっくりとうまみを抽出するが、「日によって骨の状態が違うので仕上げに再度、必要な部位の骨を足して、一定の味を保っています」という徹底ぶり。

一週間寝かせて成熟させた、中太の縮れ麺でスープが程よく絡まる。プリプリとした食感がやみつきになる。

中央にこんもりと盛られた具は白髪ネギキャベツの青みニンジンの赤キクラゲの黒など、彩りも鮮やか。

大豆みそや麦みそなど三種類のみそ野菜の甘みをプラス。まろやかさ、ツヤの良さ、深いコク、キレの良さ…。

厳選豚肩ロース肉を自家製スープでじっくり煮込み、さらに秘伝自家製醤油だれで煮込むと柔らかジューシーに・・・

厚切りで味わっていただきます。

店主は一杯のラーメンに、様々な要素を盛り込んだ。
「札幌はラーメンの発祥の地。だからこそ、自分が納得できる味を作りたかった。」
ラーメン店がひしめき合うススキノで、「にとりのけやき」の名はすでに全国区。
ある常連客の一人が言った。「一杯、1杯魂を込めて作られたラーメン、これこそ味噌ラーメンの王道だな」と。